川瀬浩介|生きる。

或るロマンティストの営み

【記念すべき日の朝に──Peter Gabriel ‘Solsbury Hill’】


2020年5月25日

このところまた、ピーター・ゲイブリエルをよく聴いている。

今朝は、自分の音楽キャリアを総括する作品をまとめ上げた記念すべきとき──そんな日の朝に、彼の代表曲のひとつである〈Solsbury Hill〉を聴きたくなった。そしてわかったことがある。そのワケを、早朝5時過ぎの今、ひとり自宅で噛み締めている。

デビューアルバムに収められたこの曲は、名の知れたバンドから独立してソロキャリアを歩み始めたときの彼の心境が描かれた曲としても知られている。家族を持ち、初めて授かったお子さんとの暮らしのため移り住んだ田舎町から街の夜景を見下ろす・・・そんなくだりから物語は始まる。

何度も耳にしてきた曲だが、改めてこの歌詩に目を通すと、新しい道へ進むための決意や期待、そして同時に不安のようなものを感じる。先日出会ったこの曲の公式ライブ映像は、彼のキャリアを総括した編集になっていて、デビュー当時の若い時代から、数々の実験的かつ刺激的な作品群を経たのち、狙った通りにビッグヒットを飛ばし掴んだキャリア後年の余裕の表情までが網羅されている。

ぼくにとっての彼の魅力は、政治的メッセージを込めた作品を手がけるシリアスな一面と、一方でどこか憎めないチャーミングさを兼ね備えている点にある。さらに付け加えると、一筋縄ではいかない「クセ」や「アク」を音作りに散りばめているところもぼくを刺激し続ける(例えばこの曲は、こんなにポップで自然に歌えるのに7拍子で構成されている)。この上なく真面目極まりない強さと勇気、美しさを見せながらも、猿メイクでステージに現れたり、逆さ吊りになって歌ったり(しかも娘さんと親子揃って)、さらにはこの映像にもあるように自転車を漕ぎながらステージを駆け回るのだ。そしてときには、彼の真骨頂でもあるデュエットによるラブソングを書き上げてくる──懐が深いというのか? それとも「おおらか」と表現するべきか? そんなある種の「大きさ」に魅せられ続けている。


──それを「愛」と呼ぶのかもしれない──


それが今朝の気づきだ。今この曲を聴くと、これまでになく熱いものが自ずとこみ上げてくるのは、きっとそのせいに違いない。そうか、彼のその大きさは「天使=ゲイブリエル」と名付けられるに相応しい大器のことを指しているに他ならないのだ。

そんなこのうえなく大きなものを、ぼく自身もようやく感じ取れるようになったのだろうか?

さて、仕上がったばかりの我が大河作品集──名付けて・・・


──ROMANTICMAN ESSENTIALS──


ここからどんな物語が始まるのだろうか? いや、その物語は、既に綴られているに違いない。というのは、全40曲もの自身の作品を年代順に並べて聴き返すと、まるで最初から予定されていたかのような音楽的変遷を辿っていくことに気づいたからである。

きっとこの先に授けられる音楽もまた、「そのとき」を迎えられた瞬間にだけ、ぼくのもとにやってくるのだろう。それがどんな姿なのか? そしてその音楽が、どんな風景をぼくの心象に映し出してくれるのか? 

その瞬間を再び望むまで、いかなる困難をも超えていくのだ。


#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #介護独身 #シーズン8 #kawaseromantic #母 #特養 #入居中 #川瀬浩介 #元介護者 #petergabriel #solsubryhill #川瀬浩介ベスト盤完成 #ROMANTICMAN #essentials #配信リリース

【未だ果たし得ぬ約束】

 

2020年5月16日

彼の音楽をどこへ行くにも聴いていたのは、もう30年前くらい前のことになるのか? それは、iPodiPhoneが登場する遥か前の、未だWALKMANが世界を席巻していた時代の大切な記憶である。


──Peter Gabriel──


今も昔も、表立った活動は数年に一度くらいな氏。近年の活動で最も印象的だったのは、過去の自身の楽曲をオーケストラで再現した《New Blood》(2011)だったが(ぼくが知る限りロックがオーケストラ・アレンジに挑戦したプロジェクトとして最も成功したアルバム)、いつも絶好のタイミングで聴きかえすことになる。今日もそんな瞬間が訪れた。この危機に見舞われるなか行われている氏のスタジオライブシリーズのひとつらしい。


〈More Than This〉


恐らく、氏のカタログのなかで最後にスタジオ録音されたオリジナルアルバムという位置づけになる《UP》(2002)に収録された一曲である。リリース当時はあまりピンとこなかったこの曲も、「いま」歌の内容に触れると、こころ揺さぶられるものを感じずにはいられない。


──歌詩──


その素晴らしさは、言葉そのものの意味を超えて、聴くもの心象に無限の景色を広げてくれることにある。その力をようやくぼく自身も使いこなせるようになってきた──そんな手応えを最近感じ始めている。


──これまでやってこなかった表現をやるとき──


この危機が知らせてくれた「ある解」が、ここにあるような気がした。それは、いまのぼくがかつての自分と交わした「未だ果たし得ぬ約束」なのだ。


#petergabriel #morethanthis #quarantine #未だ果たし得ぬ約束

【創造への情熱を燃やし続ける】

2020年5月5日

Bandcamp 5月1日のアーティスト・サポート・デイに史上最大の売上7億5700万円を記録 - amass


Bandcampというオンラインミュージックサービスから発表が行われた。

レコード店の片隅に置かれた「avant-garde」「experimental」「contemporary」「ambient」など、POPやROCKといったメインストリームミュージックとは距離を保った音楽をこよなく愛してきたぼくにとって、ここにはまさに「垂涎のラインナップ」が取り揃えられている。

この危機に直面して行われた「アーティスト・サポート・デイ」というキャンペーンの売上が公表されている。市場として考えると、その数字は決して大きくはないのかもしれない。しかし、まさに「No Music, No Life」な音楽愛に溢れる顔も名前も知らない盟友がこれだけたくさんいることに、今、このうえない安心感と、新たな希望を覚える。

ぼくの創作において、数えきれないインスピレーションの源泉となったアーティストも多数、このサービスを介して作品を発表している。ぼくもその支えのひとつになりたいのだが、今は己の暮らしさえ危ういため十分なサポートができない。それが何より無念である。


──ぼく自身が創造への情熱を燃やし続けること──


それが彼らへの一番の恩返しだと信じて、今日を生きよう。

#bandcamp #davidtorn #timberne #richardbarbieri #stevejansen #warrencuccurullo

【心ある機械たちagain】@ BankART Station 好評開催中

f:id:kawasek:20200111151918j:image

2020年1月11日

定期メンテナンスを終えた拙作《ベアリング・グロッケン II》──1週間の埃や汚れを落としてキレイになり、より正確な演奏が行えるようになりました(たまの演奏ミスもこの作品の魅力ではありますが)。

全5曲演奏ができますが、どれがどの曲? それが知りたい方は、作品向かって右側側面にあるモニタ画面でご確認ください。演奏中に楽曲名が表示されます【注】操作はしないでください。

会場となるBankART Stationは、横浜・みなとみらい線 新高島駅直結です。11:00-19:00 2月2日までの開催です。

 

詳しくは→ニュース詳細|BankART1929 横浜の創造都市界隈拠点

#BankART #BankARTStation #心ある機械たちagain #川瀬浩介 #ベアリング・グロッケン #ベアリング・グロッケンII

展覧会「心ある機械たちagain」

2019年12月27日

 

展覧会「心ある機械たちagain」オープニングの様子

 

f:id:kawasek:20191228002606j:image
f:id:kawasek:20191228002602j:image
f:id:kawasek:20191228002550j:image
f:id:kawasek:20191228002559j:image
f:id:kawasek:20191228002555j:image
f:id:kawasek:20191228002609j:image

 

【開催情報】

 

「心ある機械たち again」

 

日時|2019年12月28日[土]~2020年2月2日[日]11〜19時
   *休館日:2019年12月30日[月]~2020年1月3日[金]
場所|BankART Station + BankART SILK入場料|600円 
   障がい者手帖お持ちの方/ 付き添1名迄、中学生以下 無料

オープニング|2019年12月27日[金] 18:30〜20:00 @ BankART Station

 

【注】会場は、BankART StationおよびBankART SILKの二箇所となりますが
   川瀬浩介作品《ベアリング・グロッケン II》は、みなとみらい線新高島駅構内直結の
   BankART Stationに展示されます。

 

【参考】ベアリング・グロッケン II 動画記録(2009年収録)

https://youtu.be/Bh1WfaRT6XM

 

▼公式情報
ニュース詳細|BankART1929 横浜の創造都市界隈拠点

 

#川瀬浩介 #ベアリング・グロッケン #BankART Station  #BankART SILK #日本精工 #NSK