川瀬浩介|生きる。

或るロマンティストの営み

日記

【武道館への道は果てしなく】

2018年7月13日森山開次《サーカス》もご覧いただいたACIDMANのツアーファイナルを堪能。ロックバンドだけが放つ眩い光と、それを受け止めてさらに増幅させ共振させるファンのみなさんの情熱を眺めていた。──このときこそを、幸福と呼ぶ──いつだってそ…

【37年ぶりの沖縄】

2018、夏──。 37年ぶりに沖縄へ再訪。 さて、ここで何が起きるのだろうか? #瀬良垣 #座間 #衝撃のラフテー #ソーキそばとジューシーセット #猪肉の刺身 #ロースと内もも #アイス探求再び #ひとりで来るべきじゃない客室 #下見 #ブライダルのためではないこ…

【初日2公演終了】ひびのこづえ×ホワイトアスパラガス×川瀬浩介《WONDER WATER》@東京芸術劇場 TACT FESTIVAL 2018

2018年6月30日 気づけばもう20年来の付き合いになる友人が駆けつけてくれて、終演後、ランチへ出かけた。 相変わらずの寝不足による体力不足と今日の暑さで朦朧とし始めるなか、偶然に入ったのが、ネパール系カレー店。二種選べるランチメニューから…

【無欲な情熱が燃えたぎるその場所へ】

2018年6月16日母の不在が続いた当時、こうして台所の脇に練習セットを組んでいたことを思い出した。こうして再びここに準備をしたのは、今年の春、今のところ最後となった一時帰宅に備えて撤去して以来だろうか?──演奏は、一種の瞑想効果があるよう…

【Spotify体験中】

2018年6月15日 いよいよCDプレイヤーさえ持っていない世代との交流が始まり、SpotifyをPremiumアカウントにアップデートして体験してみている──先んじて利用していたApple Musicの音源と聴き比べたりしながら。ふと思い出して、Allan Holdsworthの作…

【東京湾上空にスワンをみた日】

2018年6月3日、夕刻──。市原からの帰り道、東京湾上空にスワンが現れた。その飛翔の様を見つめていたのは、ぼくだけだったようだけれど──。#市原湖畔美術館 #art #artfrontgallery #ダンスパフォーマンス #performance #新体操 #rhythmicgymnastics #引間文…

【果たすべき約束がある幸運】

2018年6月4日6月3日──市原湖畔美術館での、ひびのこづえ展パフォーマンスプログラム、無事、閉幕。未だ経験のない、ながいながいロードを終えた気分だった。そのエンディングに相応しい極上の上演と、まるで映画のエンドロールを眺めているような助…

千秋楽開演前【ひびのこづえ×引間文佳×川瀬浩介《Humanoid LADY》6/3/2018】

2018年6月3日 会期中10回予定されていたパフォーマンスプログラムも、いよいよこのあと15時からの公演で千秋楽。我らが主演女優は、今日も丹念にリハーサルを行なっていた。今日はトラブルもなく、ここまで順調。あとは無事の完遂と満足できる結果が導…

【人知れず波瀾万丈】

2018年6月2日明けて現在、翌3日、午前3時──昨日、現場入りしてから見舞われた風邪のような症状もようやく収まってきている。昨晩の夕食後、宿に着いて即、入浴したあと眠りに落ちたのは、恐らく21時ごろ。風呂で温められた微熱を帯びた身体はほどよく…

【ひびのこづえ×引間文佳×川瀬浩介《Humanoid LADY》6/2/2018】

2018年6月2日 機材トラブル・鼻炎・悪寒・鼻・復旧・発熱──大感動巨編、誕生──夕食・鼻水・鼻炎・発汗・発熱めまい・鼻水・眠気・明かりを消す元気ない#市原湖畔美術館 #audio #録音 #ミックスダウン #recording #mixdown #logicpro #logicprox #ablet…

【今日という日はいつだって思いもよらない出来事で溢れている】

2018年5月26日森山開次《サーカス》@ 新国立劇場──。いよいよ終盤に差し掛かり、1週間ぶりに、ダンサーにとってはとてもハードな、マチネ・ソワレ2公演を完遂。早いもので、明日27日を持って千秋楽となる。公演中、音響オペレートは劇場のスタッフ…

【願いが叶えられた日】

2018年5月23日今日は朝から緊張していた。──母と《サーカス》を観に行く──子供帰りが激しいこの頃、本番に支障を来すような迷惑を母が起こさないか? または、途中で予想もしていないような体調不良が起きないか?あらゆるケースを想定しながら、母に…

【見憶えのある青空】

2018年5月20日森山開次《サーカス》2018再演 2日目──。初日を無事に終えてやり切った感覚が強くでたのか、案の定、疲れが回り始めている。どれくらい疲れているのか説明するのは難しいが、言葉にするとこうだ。──この2日間で4回、口の中を噛んだ──し…

【森山開次《サーカス》2018年再演 初日】

2018年5月19日初日の幕が開けてしまえば、ぼくの出番はおしまい。あとは、劇場の音響チームと作り上げたこの音空間をお客さんと一緒に楽しむだけ。自身も3年ぶりにこの作品を観て、新たに思うことがたくさんある。子供のころ、母に連れられていった実…

【森山開次《サーカス》開幕】

2018年5月19日初日、劇場入り──。3年前の初演時同様に、出演者、スタッフの安全を期して、神棚に祈りを。#audio #録音 #recording #mixdown #logicpro #logicprox #ableton #abletonlive #art #パフォーマンス #サーカス #circus #performance #新国…

【森山開次《サーカス》5/19開幕】

2018年5月18日最終リハーサルを終え、公開ゲネプロに向けて各自準備中の図──。いよいよ、明日、5月19日、開幕。#audio #録音 #recording #mixdown #logicpro #logicprox #ableton #abletonlive #art #パフォーマンス #サーカス #circus #performan…

【森山開次《サーカス》まもなく開幕】

2018年5月17日舞台照明、仕込み中の図──。劇場の照明の美しさを知ってしまったからこそ、光を扱う作品を手がけることになったのだと思い返しながら、作業の様子を見学している。音楽や光は形がないゆえに、その存在を感じさせないことがあるけれど、…

【大切なことを見逃さないように】

2018年5月13日ひびのこづえ×島地保武×川瀬浩介《FLY、FLY、FLY》──。ひびのこづえ展開催期間中に予定されていた4回の上演がすべて終わった。この10年ほどの間に手がけてきたダンス作品のなかでは、音楽も含めて比較的難解な要素を多分に含んだ内容と…

【ひびのこづえ×島地保武×川瀬浩介《FLY、FLY、FLY》、再び】

2018年5月12日公演、完遂。 4月の初演時に続いて、このチームでの2度目の市原へ。 午前9時に新宿を出発して、昼前に現場入り。機材セッティングを済ませて正午から丁寧にリハーサルを行った成果が、今日の上演では表現できた。 終演後は、すっかり馴染みにな…

ぼくを映す鏡

熟考に熟考を重ねて、やはり朗読を録ることにした ──ぼくを映す鏡── そのためには、ギター以外にもこの声が欠かせない…そう思ったから。 あのときあの場所で、その空間に身を寄せていたときに自然と湧いてきた言葉がある(そう、今の激痛を招く原因のひとつ…

梅雨空の朝に

梅雨空の朝は、薄暮の頃のように穏やかな光を運んでくれる ──足すのか? それとも引くのか?── 限りなく少ない要素で…という思いを胸に、仕上がりに耳を傾けながら思案する時刻。 #スタジオ #作曲 #studio #composition #サラウンド #surround #logicpro #lo…

In Between Calmness and Madness

環境を変えるときにはとにかく慎重に──。 かれこれ25年ほど前、まだOSがわずか6枚のフロッピーディスクで供給されていたころ、初めて我が家にやってきたMacintosh Classic IIを手にした初日に起動できなくさせたぼくは(OSフロッピーを消去してしまった)、…

Hall Of Fame

いくつか断片を録って少し構成を考えてみたところで、今朝は早めに作業を終えることにした。 明け方、だいぶマズい心理状態に陥りそうになり、無理せず炭水化物を摂取したところ事なきを得た。思えば、昨日もまともに食べたのは一食だった。 ──イケナイ── そ…

新スタジオ 第一声

このスタジオでの本格的な第一声を放った雨降りの朝──。 カーテン越しに薄明かりが射し込むおぼろげな朝ゆえに響いたトーンだった。 ──イケる── この一ト月の構想は、必ず上手く仕上がる予感がした。 ちょうど12時間の時差のある暮らしになった。集中して真…

スタジオ照明──nittoh Lightface

nittoh Lightface導入 再構築を終えたはずのスタジオだが…マシンのアップデートのためのデータバックアップや動作確認を傍らで進めつつ、雰囲気づくりに余念がない。 春先に参加したハッカソンでの受賞記念に進呈いただいたLightfaceの実機を間接照明に使っ…

サラウンド環境問題

「さぁ、新しくなったスタジオで録音開始だ! 」 と言いたいところだが、スピーカーのチューニングやら細かい環境調整に追われるだけの、淡々とした時間が続いている ──どうしたらいい?── 再構築を進めながら最大検案事項だったことがある。曲作りやミック…

静けさのはじまり

夏を控えたこのこの季節の夕暮れ、暑くもなく寒くもないこの心地よさがたまらない。この時間、東京はあいにくの曇りそらだけれど、それもまたいい空気感だ。 大胆に模様替えしたスタジオで一番嬉しいのは、置く場所がなくてずっと立てかけられたままだったピ…

これからの10年のために──手放す

KAWASE STUDIO has just been RE-BIRTHed for this DECADE! ──この10年のために── 恐らく15年ぶりのスタジオ再構築がようやく完了! まるで継ぎ足し工事を繰り返してきた魔宮のようになっていたここ数年の状況を打破するべく、意を決して使わないままになっ…

This is The Most Beautiful Electric Guitar In The World

今春、東京のど真ん中=渋谷の天空にてギターで光を奏で続けた、5日間に及ぶ遅すぎた猛特訓の成果が現れだしている気がするこの頃 ──どのギターを手にしても同じ音になる── つまり、自分の音が鳴る、ということ。 ──30年かかった(遠い目)── その30年前くら…

フレットレス&フレッテッドの5弦ベース

股関節痛の回復が年相応にゆっくり気味(嗚呼) また痛めるわけにもいかないので、スタジオの再構築に手がつけられない。ならば身体に負担をかけない作業を先に進めることにした。 ──ベースのお手入れ── 指板にオイルを塗って弦を交換。そして、ちょっとだけ…